大学受験の予備校の費用ってどのくらい?

最近は、大学受験をするという学生さんが、2人に一人といわれています。

学歴社会、というよりも、どうにかして就職難にも耐えうる人材に育ってほしい、という親心もあるのではないかとぽもいますが、大学という場所は、いっておくと色々と身になることも沢山ある場所ですから、もし悩んでいる位であれば、大学進学を検討するほうがいいのではないかと思います。

ですが、大学進学、というとやっぱり気になる予備校のこと。
高校の授業だけで十分だと感じていらっしゃる方なら問題ないかもしれませんが、
やっぱり何かしらの不安から、公立高校でも、市立高校でも、約4割の方が予備校、または塾に通って大学受験に備えているのだそうです。

ですが予備校というとかなりお金がかかりそうですよね。
大抵の学資保険などでは、大学入学の時期に必要なお金のための保険ですから、受験にそなえての予備校に対しての費用までは賄う事はできませんのでいくらくらいかかるのか、知らずにその時期を迎えてしまうのも怖いですよね。

まずはどのくらいかかるのか、しるところから始めてみませんか?

予備校でも、塾でも、入学金と月謝で、もちろん受講するコースによって値段にも差が出てくるところではありますが、平均すると、年間にかかる費用は50万円前後ということです。
それが、高校入学と同時に、なのか、2年生になってからなのか、それによっても違ってきますが、どちらにしてもまとまった金額が年間で必要になってくるようです。

大学受験予備校比較ランキングはコチラ

最新投稿